ロンドン2日目

ぐっすり眠って9時起床。
ホテルが朝食付きなので頑張ってレストランへ。

遅くに行ったのでイングリッシュブレックファーストによくある煮豆とか残ってなかった&普通…。美味しくはない(笑)。これなら無理して起きなくていいかと思う。

朝ごはん食べた後は大英博物館へ。
前回はギリシャ ローマ 西アジア、アフリカとエジプトをちょっとだけ鑑賞。今回は前回鑑賞できなかった部分を見ていきたい。

というわけで、今回はアメリカ、メキシコ、エジプト周辺をオーディオガイドを使って色々観てたらお腹がすいてきて、フードコートでコーヒーとパウンドケーキを食べながら時間を見るともう5時。いつの間に…。あと30分で閉館…。スゴスゴオーディオガイドを返して大英博物館を出る。

所で真面目にエジプトの「死者の書」の解説を聞いてたせいか、ある一定のヒエログラフ?の意味が頭に入ったおかげで、ミイラの入ってる棺とかに描かれてる絵もちょっと意味がわかるようになって感動した。こういう教養?知識?時間経ったら忘れちゃうんかなぁ。やだな。

ホテルに帰る最中にフィッシュ&チップスの看板を見つけ、お店に入ったらバー(パブ)だった。
暇そうにおしゃべりしてた店員3人がカウンターのところにいたので恐る恐る「テーブル フォー ワン オーケー?」と聞くと聞き返され…今度は短く「ワン パーソン オーケー??」聞いたがまた聞き返される。また言ったらやっと通じてオーケーとのこと。
次に「フィッシュ&チップス プリーズ」 と言っても通じず何度も言うと「フィシェンチプ?」とめちゃ早口で言われて「イエースイエース!」とホッとする。早いよ!
でも向こうは私が遅すぎてわからないのでは…_| ̄|○と心の中でガクシ。
ドリンク聞かれ、恐る恐る「ビーア」と言ったら聞き返されたので再度「ビア」と伸ばさず言ったら通じた。なんの種類か聞かれたので「エウビア」と出来るだけ伸ばさず言ったらエールビールって通じた…。なるほど…。
何ポンド?と量を聞かれ「スモルサイ」と言ったら小さいサイズ用意してくれた…。

ロンドンイングリッシュ、今後伸ばさずいこう……。

その後ビールを持って席に座ると5分後すごい大きいフィッシュ&チップスが。1人で食べる量じゃないな…と思いつつ、食べる。
調味料がいくつもついてきたので、スマホで検索すると、フィッシュには味がついてないので、塩胡椒、ビネガー、ケチャップなど色々自分でかけて食べるらしい。ビネガーはドボドボかけるのが良いっぽい。一応タルタルソースもお皿についてきたのでそれらも使って色々やって食べてみるがやはり途中でお腹いっぱいになってきたのでフィッシュの衣は取って食べた。
確かに何もつけないと味がないのでまずいけど、味付けは自分たちでやるのがイギリス風なのね。

前回来た時はほぼ友人と「レストラン」へ行ったので、味付けはしっかりしてて美味しいお店ばかりだったが、一人旅の今回はファーストフードが主流になるのでちゃんと管理しないとな。味も栄養管理も…と思う。
実はヨーロッパに来てからササクレが頻発してて、裁縫用のハサミで切ってたが明日爪切り買おうと決心。海外の中級ホテルは基本、血液感染系を考慮して爪切りは貸さないぽい。日本では借りれるから油断して持ってこなかった。反省。

帰ったらお腹いっぱいで苦しい。
日本から持ってきた食べ過ぎ飲み過ぎに聞きく整胃薬飲んで就寝。

[PR]
by ssuttokodokkoi | 2017-09-20 23:34 | 旅行 | Comments(0)