2017年 09月 14日 ( 1 )

フランクフルト2日目

朝7:30ぐらいに起床。9時間ぐらいぐっすり寝た。
真夜中に一回目が覚めた時、ホテルサイトのレビューであったように確かに外の音(人の騒ぎ声)がうるさかったし、いびきかいてる人もいたにはいたが、すぐにまた寝てしまったので自分にはあまり騒音は関係ないようだ。耳栓もしてたし。

顔を洗って化粧するか…と女子トイレ行ってドアを開けたら若い金髪美女がパンツいっちょで着替えててびっくりした笑 私は昨日トイレの個室で着替えたが、普通にトイレスペースで着替えるものなんだ。しかもその人、化粧しながらビスケット的な物食べてた…。カルチャーショック…。

朝ごはんは6.5ユーロで食べ放題…とのことだが種類は微妙。とりあえずドイツでは野菜が取れないというネットの事前情報から、野菜を食べとこうとサラダコーナーみるが、キュウリとトマトとラディッシュとパプリカという、ごつい系だけだった。葉物なし。しかもドレッシングがなくて、みんなどうしてるのか見てたらクリームチーズを乗せてたので真似してクリームチーズ乗せる。食べてみたら悪くなかった…というか、普通に美味しかった。

10時にホステルを出てゲーテハウスへ。朝から雨風が結構強くて寒い。アウトドアブランドのフリースのパーカーを持ってきて正解だった…。

ゲーテハウスでムゼウムスーファーチケットという、ミュージアムチケットを18ユーロで購入。このチケット出せばミュージアムに無料で入れるらしい。
ゲーテハウスでは日本語オーディオガイド(3ユーロ)を借りた後、荷物をコインロッカーに預けて鑑賞。オーディオガイド全部聞いたが、2時間かからずに全部観れる。
ゲーテって英才教育されたボンボンだったんだなーと思いながら時代の雰囲気を楽しむ。

ゲーテハウス出た後コーヒー(2.9€)飲んでからカタリーナ教会へ。結構すいてた。

カタリーナ教会の後モダンアート美術館へ。
イキナリ狂気に満ちた作品のオンパレードでドン引きしつつ鑑賞していく。最後はゴッホか!というぐらいの混乱感じる作品が多く、お酒を飲みながら鑑賞したい感じに。
あと、性のアートも多い。モダンアートって、狂気と性がテーマになってしまうの多いね。なんか事故の死体の映像ぽいのもあったし…良いのか…。流石怖くてちゃんと観なかった。
恋人はおろか、友人と見るのもはばかられる作品群。こういうのは1人で頭抱えながら観て、死生観とか精神世界に思いを馳せるのみ…。
美術館の設計はまるで迷路っぽいのに迷わず観て回れて感心した。
ウィーンの建築家ハンス ホラインさんの設計らしい。

その後大聖堂へ。相変わらずヨーロッパの大聖堂は大きくて迫力あるね。
一応0.5ユーロのロウソク購入して火を灯す。
いつからか旅行する時、その土地のお寺や神社教会など行った時は、その土地の神様に安全でいい旅にしてもらえるよう賽銭や寄付してお願いするようにしてる。
ココで中国人の男性に中国語でカメラを頼まれる。別れた後、私も写真撮って貰えば良かったなと後悔。

大聖堂にも博物館があるそうで観にいくが、誰もいないので1人で鑑賞。
なかなかゴージャスな物が多く、ドイツでもキリスト教は栄華を放ったかと感心する。

その後レーマー広場お店でフランクフルトとりんご酒を頂く。全部で9ユーロ。
「フランクフルトでフランクフルトを食べる」というミッションを攻略し満足。
お店を出たら、またもや中国人の男性にカメラを頼まれる。さっきもそうだったが頼む時中国語なのだ。スマホを渡されるからカメラだなと解るわけだが。
今回の人は途中で気がつき「中国人ですか?」と英語で聞いてきたので「日本人です 笑」と返した。中国人に中国人と見られるって相当やな。と思うが、日本人は完全に旅先がイベントでおしゃれマンだからな…。

今回は写真撮った後自分の写真もお願いして撮ってもらった。結構いい感じに写してもらえて良かった。

その後応用工芸博物館へ行きくが、多分ドイツ漫画家の人の特別展みたいなのやってて興味深かった。ストーリーマンガというより、哲学漫画というか…輪廻漫画というか…トリック漫画というか………。説明できない。
他、ピクニックをテーマに色々展示してて面白かった。博物館自体も素晴らしい建築で窓から見える木々とライン川…の向こうに立つ高層ビルが絵のようにマッチしてて見とれてしまった。素晴らしい。

気がつけば18時前になってたのでホステルに戻る。(一応ルールとして、一人旅の時は日が暮れたら出歩かないって事にしてる)

戻って19時頃まで部屋でゴロゴロしてツイッターとかLINEとか。
19時過ぎにロビーに下りて無料コーヒーすすりながら息抜き。

昨日は、ホステルの受付の人に、今日はバーベキューやるよーって言われてたので食べてみたいと思い、ロビーで時間になるの待つが、とにかく眠気が凄くてギブアップ。スゴスゴ部屋に戻って就寝。


[PR]
by ssuttokodokkoi | 2017-09-14 23:44 | 旅行 | Comments(0)